今のファンデーションを使う前までリキッドファンデーションを使っていました。初めてファンデーションを使ったときたまたま手にとったのがリキッドだったので、そのまま使っていたのですね。

しかしある時期を堺に、なんだか肌がやたらと荒れるようになってしまいました。いままで多少敏感肌の気はありましたが、その頃から敏感肌が悪化しただけでなく、小鼻回りは油っぽいのに口の周りは乾燥しやすいという面倒な肌質になっていました。おそらく環境の変化が大きかったのでしょうが、それによってファンデーションが合わなくなってしまったのです。結果、肌に優しく化粧崩れも少ない、そんなファンデーションを求めることになりました。

そこで試しに母に何を使っているのか聞いてみました。すると母はファンデーションランキングで見つけた「ちふれ」のものを使っているそうで、安い割に悪くないと思うといっていました。私はなんとなく安いものというと肌に良くないのではという印象があったのですが、ちふれは昔からよく聞くブランドですし、試してみる価値はあるのかもしれないと思いました。

そこで早速買ってきて試してみました。塗った直後はなんだか粉っぽいし大丈夫かなと思ったものですが、しばらくすると自分の皮脂と良い感じに馴染むのか、とても自然な肌になっていました。肌荒れも起きませんでしたし、リキッドよりも肌への負担が少ないなと思いました。

どうやら私にはちふれのファンデーションが非常に合っていたようです。安いからダメというわけではなく、化粧品は自分との相性なのだなと実感した経験でした。いまでもたまに別のものを使いますが、結局ちふれに戻ってきています。